求人情報サイト【h'note(アッシュノート)】で希望の未来にリンク

検索オプション

勤務形態  

地頭を鍛える

フェルミ推定」という考え方を用いて未来を予測し、地頭を鍛える。

フェルミ推定とは、実際に調査をすることが難しい「量」を、いくつかの手掛かりをもとに論理的に推察し概算していく手法だ。面接試験などで用いられることも多い。
「本当に正しいか?」よりも、短時間で自分なりの知識と方法論で回答することが求められる。
これは、面接時での地頭力を試されることは勿論、ビジネスの場面で毎日突きつけられる、時に理不尽な課題にも対応できるチカラを養うことにもつながるわけだ。
このコンテンツでは、フェルミ推定の王道的な概算方法だけではなく、自分独自の理屈や文脈での計算でもオッケー。アプローチは自由だ!自分なりの理論で短時間に答えを導き出す訓練と考えてもらえばいい。硬軟取り混ぜて様々な未来予測をテーマにして、キミの地頭を鍛えていくぞ。

インドの写真

【第9回(2013/8/30掲載)】
2019年 新超大国とどう付き合うのか。インドの人口をヨソクセヨ

今回は定番のフェルミ推定的未来予測で地頭力を鍛えていこう。テーマは、インド。BRICSカントリー(ブラジル、ロシア、インド、中国)という、資源・経済面で成長力を評価され、投資対象ともなったインドだが、実際、さまざまな面で超大国としての... >> 続きを見る

ドラマの写真

【第8回(2013/8/20掲載)】
2015年 『家政婦』『銀行員』『海女さん』に続くヒットドラマの『職業』は?

今回のケースから、フェルミ推定的未来予測だけではなく、一つのテーマに対して、知識とセンスと流行を見極めながら挑む未来予測などいろいろな方法で、地頭力を鍛えていこう。 今回は、テレビドラマのヒット予測だ。... >> 続きを見る

ペンを持つ写真

【第7回(2013/8/2掲載)】
さて、そもそも『地頭力』ってなんだろう?

「フェルミ推定」的未来予測~キミの地頭力で明日、5年後、10年後をヨソクセヨ』というタイトルで、今まで、「2020年 渋谷駅の1日平均乗降客数は何人になるか?」「2015年 くまモン効果で熊本県の経済波及効果額は?」「2018年 石川、松山選手などの活躍で、... >> 続きを見る

五輪の写真

【第6回(2013/7/19掲載)】
2020年 東京五輪効果で訪日する外国人観光客の数は?

この予測は前提として「もし開かれるとすれば」ということになる。2020年五輪については、トルコ・イスタンブールとスペイン・マドリッドとの招致合戦を制することが必要だが、実際のところは有利とも不利ともいえない状況だ。という前提の中でも、... >> 続きを見る

子どものゴルフ写真

【第5回(2013/7/5掲載)】
2018年 石川、松山選手等の活躍で小・中学生のゴルフプレイヤーは何人になるか?

スーパースターの登場でジャンルが活気づき、競技人口が増え、そして定着し、文化になる。例えば日本における男女フィギュアスケート。続々と世界トップレベルの選手が登場し、いつのまにか、世界有数の強豪国へ。サッカーの中田から本田、... >> 続きを見る

ビールの写真

【第4回(2013/6/24掲載)】
2013年 阪神タイガーズが優勝すると甲子園球場でビールは何杯売れるか?

日本のプロスポーツの代表ともいえるプロ野球。取り巻く環境は変わった。サッカーなど他のスポーツにも注目が集まり、地上波放映も少なくなった。とはいえ、福岡、札幌、仙台に代表されるように、ここにきてフランチャイズ球団の成功、... >> 続きを見る

くまもんの写真

【第3回(2013/6/7掲載)】
2015年 『くまモン』効果で熊本県の経済波及効果額は?

もはや「くまもとのゆるキャラ」という存在を超えて、全国各地でコラボ商品が展開されるなど、大人気の『くまモン』。最高のセールスマンとも、史上最強の観光大使などの声も上がる中、順調に熊本県産品のアピール、そして熊本県自体の... >> 続きを見る

牛丼の写真

【第2回(2013/5/24掲載)】
2020年 松屋、すき屋、吉野家の牛丼御三家。合わせて売れる牛丼の杯数は?

もはや国民食の一つといっても良い存在となった『牛丼』。学生時代はもちろん、数年後、忙しい若手会社員となったキミたちがお世話になることも多くなることだろう。 さて、これほど定着した裏には、味の追求はもちろんだが、... >> 続きを見る

考えてる人の写真

【第1回(2013/5/10掲載)】
2020年 渋谷駅の1日平均乗降客数は何人になるか?

東急東横線渋谷駅の地上ホームが惜しまれながらその幕を閉じたのは記憶に新しいところだ。東京メトロ副都心線との直結によって渋谷駅の人の流れも大きく変わった。ヒカリエを中心とする宮益坂方面への人の流れが活性化する反面、... >> 続きを見る

ページトップへ